2017年5月28日日曜日

【日本映画】ママ、ごはんまだ?


主人公の一青妙さんのお母さんは、台湾人に嫁いだ日本人。
つまり、わたしの大先輩に当たるわけで、台湾に来て間もないころに、夫と家族が大げんかしている内容が全く飲み込めずひたすら不安だった頃の気持ちが蘇り、胸がしめつけられるようでした。
そんな中で言葉をおぼえ料理をおぼえて居場所を作っていった一青さんのお母さんにじぶんを、「日本人か台湾人か」で揺れた妙さんに、我が子のこれからを重ねあわせずにはいられない2時間。
一つ言えるのは、お母さんは台湾での生活やご主人の顔さんのことを大事に思っていたのだろうな、そして何より台湾のごはんが好きだったのだろうな、ということ。
もしそれが嫌な思い出であったなら、日本に帰ってからも台湾料理を作りつづけることは苦痛でしかないわけで。

お母さんが亡くなったあと、長いあいだ閉めきっていた実家のドアをあけ、その中の金庫を開け、押入れのなかにみつけた箱を開ける妙さん。
入れ子状になった「わたしの箱子」を開けつづけ、ルーツを辿りじぶんを見つけていく過程は、玉手箱をあけてじぶんの真実の年齢の姿をとりもどす浦島太郎をおもわせる。
かつてはなんて残酷な話だろうと思っていた浦島太郎の昔話だけれど、40歳を過ぎたあたりから、なんて救いのあるはなしだろうと思うようになった。
何故なら、じぶんらしく居られないことが、なにより残酷な状況であることを身をもって知ったからだ。

美味しい豚足とチマキ、明日買いに行こうっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿