2015年2月28日土曜日

恭喜恭喜



今年の旧正月の元旦は2月19日で例年でも遅めの春節だ。連休は終わったけれど元旦から15日目の元宵節(日本でいう小正月)まで春節行事は続く。
日本では新しい年が来ると「あけましておめでとう」と挨拶をする。
中国語圏では「新年恭喜」もしくは「新年快楽」という(快楽と聞いて日本人は少しばかり淫靡な薫りを感じてしまうかもしれないが全くそういうニュアンスはない、単に幸せ/HAPPYという意味)。
なぜ「あけると」「おめでとう」なのか。
台湾をふくむ中華圏ではこんな話がある。

」(ねん、年獣とも)という怪物がいて、いつもは山の中に住んでいる。
ところが冬になると動物たちが冬眠するので食べ物に困る。お腹をすかせた「年」は、大晦日の夜になると里にきては家々を襲い、人を食う。
そんなわけで人々は、としが暮れるたびにいつ「年」に食われるかと恐れおののき、これが最後の食事になるかもしれないと家族皆でごちそうを囲んだ。これが中華圏でいう徐夕(大晦日)にあたり、華人にとって一年で最も重要な日となる。
が、あるとき「」が赤色・大きな音・清潔なものをなにより嫌うことがわかったので、人々は大晦日までに家中を掃除してきれいにし、門のまわりを赤い紙(春聯)で囲み、爆竹を鳴らし、またその夜は下着からすべて真新しいものを身につけて清潔にすることにした。
おかげで「」はその暮れから姿を現さなくなったが、かつて年が明けて人々がお互いの無事をよろこびあった挨拶はそのまま残った。

こうして見ると、日本の年末の大掃除やら新しいものを身につける習慣も相通じるし、「除夜の鐘」なんかはこういう民間信仰が仏教と合わさって出来たのかもとも思える。
更に深読みすれば、一年の中でもっとも日の短い冬至の後の新月の夜である。電灯も暖房もない昔を想えば、月明りさえない闇夜で寒さに震えて山の獣たちへの恐怖も増したに違いない。そこで保存食を用意し日が沈めば大きな音を出しながら皆寄り集まってワイガヤと過ごすようになった・・・案外そういうことで始まってたりして。
また昔の人はすべて「満」で年を数えたので、いつ生まれた人も元旦が誕生日だった。
だれでも、年を取ればいつかは死ぬ。
つまり年(とし)をくったら年(ねん)に食われるのだ。何ともゾッとするような愉快な話で想像をかきたてられる。

もうひとつ、台湾ローカルでこういう説もある。
むかし電気やランプが無かったころ、人間は竹の筒に油をいれたものを「灯猿(テンカウ)」と呼んで使っていた。
冬至の日には、白玉だんご(湯圓)をこしらえて椅子やタンスなぞにくっつけて一年の働きを感謝する習いだったが、ある年にうっかりと灯猿にだけ感謝することを忘れてしまった。
灯猿の火の神はこれを恨んで玉皇大帝(道教のなかの最高位の神様)に人間の悪口をふきこみ、皆殺しにしてほしいと頼んだ。玉皇大帝はたいそうお怒りになり、
「それでは元旦の朝、人間どもの地を沈めてやることにしよう」となった。
これを伝えきいた人々はびっくりして、大晦日の夜は家中のものが集まった。そしてお別れのごちそうを作り、食べながら地が沈むのを待っていた。
ところがそれを台所から見ていたかまどの神様はたいそう人間に同情され、玉皇大帝に「火の神が嘘をついている」と陳情する。玉皇大帝はよくよく話を聞き、人間を許すことにした。
夜が明けた。
地上はなんの変わったこともなく、皆生きている。人々はたいそう喜んで、「おめでとう、おめでとう」と互いに喜びあったという。

ところでこの「灯猿」の話は、日本統治時代に黄氏鳳姿という12歳の台湾人少女によって日本語で書かれた作品「七娘媽生」におさめられているものである。
七娘媽生」の内容は台湾人の一年の行事について細かく記録したもので、昔からの台湾人の民俗風習を日本語で垣間見られるという意味でも貴重な一冊だ。
作品が書かれたのは1940年。終戦から五年ほど前にあたる。植民地の戦時下のまっただ中にいる12歳の少女は、その中でこう書いている。

台湾の人々もこの頃は、新暦のお正月をむかえるようになりましたが、それでも古い人は、いまでも旧のお正月をむかえます。
今は非常時ですから、旧暦のお正月はやめて、新暦のお正月をむかえるようにしなければなりません。同じ一つの国の中で、一方は新暦のお正月をむかえ、一方は旧のお正月をむかえて、別々のことをすると、国がだんだん弱くなります。
私のうちは新暦のお正月を賑やかにむかえました。けれども今年七十四になる大おじいさんが、『旧正月もむかえた方がいい。』とおっしゃったので、ささやかな旧のお正月も、おむかえすることになりました。

これを読む人の感想はさまざまかもしれない。何も思わない人も居るだろう。
が、少なくともワタシはこれを日本人として冷静に読むことは出来ないし、映画「セデック・バレ」は観ずに「海角7号」や「KANO」だけを観て「台湾は日本をきちんと評価してくれるから好き」なんてことを脳天気に言うような気持ちには、とてもなれない。
歴史とはただ「あったこと」である。歴史にたいして出来ることは、そこから謙虚に学ぶことだ。歴史に「もし」はないし「結果的にはよかった」もないとおもう。


で、春節といえば。
いつもスーパーやら色んなとこで掛かっている春節ソングがある。もちろん現代的にアレンジされているのだが、原曲はとてもいい。
1946年 姚敏与姚莉 (合唱) - 恭喜恭喜

ゴ~シゴ~シ ゴ~シニ~♪
って別に洗い物してるわけじゃなくて「恭喜(ゴンシー)=おめでとう」と歌っていんだけども。
「おめでとう」と繰り返しているのに、「リンゴの唄」を思わせる物悲しいメロディ。それもそのはず、これは戦争で傷ついた人々が新しい年に希望を託す唄だからだ。
歌っているのは上海出身の双子の兄妹、姚敏と姚莉。兄の姚敏は、「蘇州夜曲」や「東京ブギウギ」で有名な日本の作曲家・服部良一に師事したのち、妹と共に香港に渡って作曲家となり多くのヒットソングを残した。
作詞作曲は玫瑰玫瑰我愛你」「夜上海」など数々の名曲を世に送り、中国歌謡界の「歌仙」と謳われる陳歌辛
日中戦争下の中国で抗日オペラを作り、太平洋戦争勃発後は日本当局によって拘束され三ヶ月ののちに解放。1945年3月には日本軍のために「神風特攻隊」の譜面も書いた。
同じとしに、日本は敗戦。
1946年、国民党政府より売国容疑をかけられるも七日目に無罪釈放される。
国共内戦で国民党が台湾に渡ったあと、今度は中国共産党政府のもとでたびたび政治的嫌疑をうけ仕事はストップ、1957年には反動分子に仕立てられて安徽の労働農場に送られ、そのまま大躍進政策の下で餓死した(この政策で2000万人以上の餓死者が出たといわれている)。
47歳だった。

1945年8月15日の太平洋戦争終結後はじめての旧正月を迎えるにあたって陳歌辛によって書かれた「恭喜恭喜」は、今も華人世界のなかで最も重要なお正月ソングとして歌い継がれている。


「恭喜恭喜」

每條大街小巷 每個人的嘴裡 
見面第一句話 就是恭喜恭喜
恭喜恭喜恭喜你呀 恭喜恭喜恭喜你

どこの大通りや裏通りでも 行き交う人達みんな
出会ってまず口にするのは そうおめでとうという言葉
おめでとうおめでとうおめでとう あなた
おめでとうおめでとうおめでとう きみに
(意訳by むつみち)


                (12歳の黄氏鳳姿)

0 件のコメント:

コメントを投稿