2017年12月9日土曜日

【展覧会情報】Yoga 日本近代洋画大展@北師美術館 ~2018/1/7


台湾をはじめ、朝鮮や満州などの「外地」の美術の流れを抜きにして、日本の近代美術史を語ることはできない。しかし、この70年間に日本近代美術史で台湾の位置付けはいまだになされていない。理由の1つは、引き揚げ時の荷物制限から、戦前の台湾で評価された作品が残されていないことが挙げられる。しかしもう1つ、画壇という名の日本人社会が、「湾生」という存在、ひいては台湾から目を背け続けたことに、原因があるのではないかと考えた。
(麗しき故郷、台湾——湾生画家・立石鉄臣を巡って/栖来ひかり)
https://www.nippon.com/ja/column/g00421/


これは、以前ニッポン・ドット・コムで書かせていただいた立石鉄臣についての論考ですが、「台湾と日本近代美術」という事柄について、とても大きな意味のある展覧会が、いま北師美術館(台北教育大学付設の美術館)で行われています。展覧会タイトルは「Yoga 日本近代洋画大展」。

2014年に東京芸大の大学美術館で行われた「台湾近代美術:留学生たちの青春群像」に引き続き、北師美術館と東京芸大大学美術館がタッグを組んで行われている展覧会ですが、この展覧会すごい!
おそらく日本の近代美術絵画がこんなにもまとめて台湾で観られることは、初めてなのではないでしょうか。

陳澄波ら台湾の画家たちの師匠にあたる梅原龍三郎や藤島武二、黒田清輝、安井曾太郎などの作品を中心に、台湾美術教育に大きな貢献をした石川欽一郎の90年ぶりに発見された幻の油絵作品、日本人に近年人気のある藤田嗣治(レオナルドフジタ)など、90点を越える作品が、日本各地の美術館やコレクターの元から一堂に会し、とっても見応えがあります。

もともと日本の近代美術絵画とは、西洋で生まれた「洋画」の上で、いかにして西洋の模倣を越えた「日本人」としてのアイデンティティーを確立するかという闘いでもありました。例えば今回の展覧会ポスターにも使われた和田栄作の「野遊」は、イタリアルネサンスのボティッチェリ「プリマヴェーラ」やルノワールなどを彷彿とさせながら、日本飛鳥時代の服装や藤の花など日本的な要素を入れて換骨奪胎されています。

そうした日本人画家の帰属意識は、教え子である台湾人の作家たちに同じく「日本人ではない、台湾人としての表現」を考えさせることに繋がり、植民地下での台湾人アイデンティティーを芽生えさせ、台湾人美術家による台陽美術協会の設立につながって行きます。
また梅原に「紫禁城シリーズ」などを描かせたひとつの「大東亜アイデンティティー」を考える試みは、同時に日本が東アジアを侵略した帝国主義の裏返しでもあったといえるかもしれません。

日本の近代美術を通して展開された「西洋ー日本ー台湾ー東アジア」についての試行錯誤。それを俯瞰してみることの出来る展覧会が、台湾で行われるということに非常な意義深さを感じます。

会期は1月17日まで。
ぜひとも、在台の皆さんには足を運んでいただきたい展覧会です。

https://montue2011.wixsite.com/yoga

2017年11月26日日曜日

【第54回金馬奨雑感】

トロフィーも金色の馬なので単なる賞の名前と思っているひとが多い(私も以前ずっとそう思っていた)のだけれど、そもそも「金馬奨」は設立当時に中国との両岸冷戦下で最前線だった「金門」「馬祖」の一文字ずつを取って、中国に影響されず、かつ台湾語全盛の台湾映画界の中で「国語」(北京官話/台湾華語)で作る映画人を応援する賞として設立され、また蒋介石の誕生日祝いを兼ねて毎年この時期に開催されるようになった。
後に「北京官話」のみならず広東語も加わり、香港映画全盛期(台湾映画不毛期)には香港映画で盛り上がった金馬。
また両岸関係の変化に伴って中国映画にも門戸が開かれ、2011年には「日本語」「セデック語」が主な言語の「セデック・バレ」が多くの賞を受賞するなど受賞作品の多様化が進むなか、近年は巨大な中国資本・マーケットへの距離の取り方と台湾映画界の独立性、および政治的な不公平感がぬぐいきれず、受賞作品の選定のされ方について色んな問題提議がされており、そういう意味で金馬奨を考える事はまさに「台湾とはなにか(by・野嶋剛氏)」を考えることそのもので、それが金馬奨を観る面白さともいえる。
去年は多くの賞を中国・香港の作品が獲り、台湾映画ファンとしてはやけ酒を煽りたくなるような結果でしたが、今年は台湾映画のレベルが全体的に高かったので、かなり楽しみにしていた第54回金馬奨。
その予想を裏切らず、鐘孟宏プロデュース「大仏プラス」、「GF*BF」の楊雅喆監督「血観音」などのド本土系が各賞をかっさらい感動でボロ泣き。特に、日本でも話題となった「父の初七日」を撮った王育麟監督の「阿莉芙」で、トランスセクシャルの「シェリー」を演じた名脇役俳優・陳竹昇(大仏プラスではメインキャスト)が助演男優賞を受賞したときは声を上げて座席から飛び上がるほど嬉しかった!そして林秀美はじめ多くの映画人がその陳竹昇の受賞に涙しているのにも、またもらい泣き。そんな現場に幸運にも居合わせられ、ほんと有難く思いました。
映画音楽賞では、台湾客家ロックの第一人者・林生祥(交工楽隊)の「大仏プラス」の主題歌が受賞したのにも、また感じるものがあり。
この篇でも書いたように、
http://www.nippon.com/ja/column/g00440/
これからの台湾エンタメの鍵を握るのは「本土的多様化」というのはかなりいい線行ってるかと思います。そして今年の金馬の結果もその傾向に呼応するように(審査員の呉念真の影響も大きいのかも知れない)、より台湾本土指向に対して積極的に評価する方向に向いている気がしました。作品賞を受賞した楊雅喆監督が掲げた「没有人是局外人」の旗もよかったし、受賞者が「あえて」台湾語・広東語を喋る場面も多くみられたのも印象的。
本来、台湾を全面に押し出すキャラだった陳玉勲監督や魏徳聖監督の今年の作品(「健忘村」「52HRZ」)の興行成績が振るわなかったのは、その辺り(観客の期待する本土テイストに欠ける)に原因があると思っているのだけど、昨日公開されたばかりの楊雅喆監督「血観音」(今年度の作品賞はじめ主演女優賞・助演女優賞)を近いうちに観に行って、いろいろまた考えてみたいと思います。台湾にお住まいの方は是非とも「血観音」観に行ってみてください、とっても面白そうなので。
それにしても台湾映画って、ほんっとーにいいものですね。それでは、さよなら、さよなら、さよなら。

2017年11月16日木曜日

【おしごと報告】『な~るほど・ザ・台湾』の11月号

『な~るほど・ザ・台湾』の11月号、隔月で担当させてもらっている連載コラム「台湾の街角」にて、日本の雑誌にもよく登場し漢方薬や乾物の問屋街が立ち並ぶ「迪化街」について書いています。
迪化街の切り取り方といえば、印象的なのは日本時代の画家の郭雪湖が描き映画「大稲埕」で有名になった絵画作品「南街殷賑」ですが、今回はちょっと目線を変えて、迪化街を上から眺められるスポットについて紹介しています。テーマは
「大稲埕、上からみるか?横からみるか?」
表紙は映画「我的少女時代」で大ブレイクしたビビアン・ソン。見かけたら、手に取っていただければ嬉しいです!

2017年10月29日日曜日

【Nippon.com】コラムで、西日本新聞社の中川博之台北支局長の追悼記事を執筆しました

➤日本語版


➤繁体字版


為一位愛台灣的日本朋友而我寫了一篇哀悼文,請多多指教。
まことに僭越ながら、先日お亡くなりになった西日本新聞社・中川博之台北支局長の追悼記事を執筆させていただきました。
もっと中川さんとの付き合いの長い、わたしより相応しい書き手の方がおられるのではと正直悩みましたが、執筆中は中川さんの遺された記事やエピソードに触れながら、知らなかった中川さんと改めて出会っていったような、貴重な時間でした。
機会をくださったNippon.comの野嶋剛さん、高橋郁文さん、そして取材や写真提供にご協力いただいた皆様に心より感謝いたします。有難うございました。
また、先に公開された繁体字版は多くの台湾の方が読んでくださったようで、「中川記者が亡くなったのは日本と台湾にとっての大きな損失」など、その死を惜しむ声をたくさん耳にしました。
中川さんが台湾へ抱いていた想いの一端でも、お伝えすることが出来るのならば、本当にうれしく思います。

2017年10月9日月曜日

『台湾、Y字路さがし。』販売状況


【書店およびネットでのお取り扱い状況】
お取り扱いを確認した日本/台湾の書店様やオンラインショップ様をご紹介、随時追加しています。もし新たに見つけていただいた際はご一報ください☆
また、お取り扱いのご希望も承りますので、コメントかメッセージ頂けますと幸いです。
<台湾>
紀伊國屋書店(台北)
淳久堂書店(台北)
誠品書店各店(台北)
欒樹下書店(台北)
永漢書局(台北)
台灣e店(台北)
青鳥書店(台北)
晃晃書店(台東)
新南12(桃園大渓)
<日本>
※ 日本では小売り価格が大きく異なりますので、各販売状況を確認のうえ、ご検討ください
下北沢B&B(東京下北沢)
東方書店(東京神保町)
内山書店(東京神保町)
誠光社(京都)
文榮堂道場門前本店(山口市)
ベジタブル喫茶ToyToy(山口市)

2017年9月24日日曜日

【お仕事報告】nippon.comで台湾映画《紅衣小女孩2》についての記事を書きました


通過《紅衣小女孩2》等最近的鬼片潮流、寫了一篇關於在電影裡台灣民俗信仰的深化。
今年の台湾映画いちばんの興行収入を叩き出している大ヒット作『紅衣小女孩2』をはじめ、最近の台湾での「ホラー/オカルト/民俗」ブームを通して感じる台湾本土意識の深化についてnippon.comで書きました。
先に繁体字版の公開となっています。よろしくお願いします!

2017年9月17日日曜日

【メディア掲載】『台北畫刊』の日本語版インタビュー


感謝台北市政府《台北畫刊》外文版的專訪~感覺太奇怪自己在封面上,這不是「封面生產器」啊XD

台北市観光局が出版している季刊雑誌『台北畫刊』の日本語版(及び英語版も?)で、インタビューをして頂きました。
Y字路本や台北での生活について4ページほど紹介して貰っており、なんと表紙カバーにも載っていてびっくり。。。
MRTの駅や市内の観光地に置かれているようですが、写真が大きすぎで、シワシミタルミの「2シ2ミ」が残酷に映し出されていますので、ご覧になる場合は薄目で見ていただくようお願いします!!!